高い効果を宿す

チラシデザインを考える上で、これまではクライアントの商品イメージなどを優先したものとなっていたものですが、その有効性に関しては不透明な部分があったものです。消費者目線というよりは、クライアント目線に立ったデザイン案が出されることが多かったわけです。 現在では、チラシ印刷を依頼する際に、その紙面作りの提案を受けることができるようになっています。いかにすれば消費者にとって魅力的なものとなるのか、多くのサンプルからの分析によって、その傾向を知ることができるようになっているのです。このようなデザイン提案に関するサービスを利用することによって、高い広告宣伝効果を得られるようなチラシ印刷が可能となります。また、ネット通販を利用することで短納期かつ格安で依頼することができるわけです。

チラシのデザインはこれまで、専門のデザイン業者が携わってきたものですが、現在では印刷会社がそのサービスを行うようになっています。実際に印刷したチラシの反響のデータを蓄積することによって、広告効果が高いデザイン案をいくつか提案できるというわけです。 その中から気に入ったものを選んで参考にするという形で、チラシの製版作業を行うようになってきています。これからはこのような提案型の印刷サービスがさらに普及すると見られています。単なる価格競争だけではなく、アイデアの分析力といった形での差別化を図ることによって、印刷会社はこれまでとは全く異なるアプローチでの生き残りをかけるようになってくると予測されるわけです。