簡単なチラシ作成

チラシデザイン制作について、インターネットの普及やDTPソフトの開発・バージョンアップによりデザインを本業としない一般の方でも操作しやすくチラシデザインを完成させることが安易になって来ております。20年、30年程前はグラフィックデザイナーがチラシデザインし、DTPデータを完成させることが常識で一般の方がデザイン作業に関わりことはありませんでした。このように誰もがデータを作れる環境が出来たことで印刷業界のスタイル、システムも変わりました。その形が印刷通販サイトです。インターネットをうまく利用しホームページから入稿データを送信し申し込みます。あとは自宅で印刷物の到着を待つだけです。最終行程の印刷納品までの簡略化でチラシデザインがより身近に感じられる時代になっております。

チラシデザイン制作に関して注意する点は基本がわかっているグラフィックデザイナーは除外されますが、本業以外の一般の方が気軽にデータを完成させることが出来る様になった反面。注意しないといけないルールや注意事項をクリア出来ない、理解していない作成者も増えております。チラシの目的は販促なのでデザイン内容やコピー表現は重要です。本職と一般の方の差が大きく出るところです。よく失敗される例として文字が小さい、紙面の端に配置、見出しと本文のメリハリが無い、掲載写真がボケているということが多い事例です。チラシデザイン出来る人が増えた反面、プロレベルのクオリティに達するものが作れる人はあまりいないという現実もあります。